こんにちは。
いよいよ梅雨入りしましたね。
昨日は、梅雨らしいお天気でしたが今日は梅雨の中休み。
各地で、気持ちが良い青空なのではないでしょうか?
この時期は、体調を崩しやすいですし食中毒にも一番注意をしなくてはならない季節です。
十分に気をつけて下さいね。

ところで、ガソリンスタンドの表示金額ってどうしてあんなに違うものなのでしょうか?先日、少し遠くにドライブへ行ったのですがガソリンが少なくなったのでガソリンスタンドでガソリンを入れようと思ったのですが最初に見た金額がレギュラーガソリンが130円でした。
次のガソリンスタンドに行くと、133円。
さっきの所で入れておけば良かったな~と思い、次の所で入れようと思ったんですが次のガソリンスタンドは135円。
結局は、この高いガソリンスタンドで入れる事になってしまったのですが・・・。
このようなバラつきがあるのはどうしてなんでしょうかね?

これは、どうもガソリンスタンドの競争が激しい為に起こるみたいです。
昔、安いガソリンだと水が入っている・・・などの噂も飛びましたがこれは全くのデマなので信じないで下さいね。

ガソリンスタンドでは、軽油を購入した方から税金を一緒に徴収してその集めた税金をその都道府県へ納めています。
この軽油引取税は、軽油を買った人に対して課税される税金の事でしたよね。
そう考えると、自分の地域で購入して税金を収めた方が良いのかな?
税務調査に詳しい友人に、詳しく教えてもらうと思っています。