こんにちは。
梅雨の真っ最中となり、毎日ジメジメとしますね。
もうすぐ夏休みに入りますね。
夏休みが近付けば梅雨明けとなり、ギラギラと眩しい太陽が眩しい日がやってきますね。
夏バテしないように、体力が付く食べ物を食べてこれからの夏を乗り気ましょう!

ところで、軽油税について調べていたんですが今日は少し一休みして軽油税では無い少し変わった税金についてお話ししましょう。
犬税というのを御存じですか?
この犬税というのが、その名前の通り犬に税金が課せられるというものです。
スイスや、ドイツ、オランダそしてイタリアにこの犬税があるんですよ。
この犬税で納められていた税金は、公園などの清掃代として利用されるそうです。
綺麗な公園は、気持ちが良いですしそれに税金が使われているのであれば納得ですよね。
この犬税は、日本でも存在した事があるみたいです。
それは、昭和57年まで存在していたそうですよ。つい最近ですよね。驚きです!

この犬税は、どれくらい税金を納めなくてはならないかと言いますと一頭あたり300円を年間に納めなければならなかったそうです。
またその他にも、うさぎにかける”うさぎ税”などもあったそうですよ。
うさぎが大量に輸入されていた時代に、うさぎ1羽につき月1円の税金がかかったそうですよ。

いろいろな物に税金がかかっていたんですね。
その税金が何に使われているのか?明確であれば納税している私達も気持ち良く税金を納める事が出来きますよね。