余談


2010/9/28 火曜日: 10:50:22: ディーゼル余談, 軽油引取税

こんにちは。
9月ももうすぐで終わりですよね。
9月も残す所、あと2日となりました。

10月に入ると、たばこが値上がりします。
私の、近くのコンビニでは1ヵ月前くらいから10月1日のたばこの値上がりまでのカウントダウンがされていました。
私の周りでは、値上がりするたばこを買い貯めしている人もいますよ。
来月の10月1日からは、1本辺り5円たばこ税が値上がりとなり1箱あたり100円くらい値上がりするようです。
たばこの税金が、上がるならこれを機に止めるという方も多いでしょう。
逆に、100円くらいじゃなくてもっと上がるのであれば一気に税金が大幅に上がるのであれば禁煙できるのになんて言っていましたよ。

また、日本で今議論が進められているのが環境税ですよね。
この環境税とは、電気やガスなど地球を汚してしまう物に対して税金を掛ける事になります。
電気やガスそして石油などをは、私達が生活をする上で必要なものでありそれに税金を掛ける事で、人々が節約をする事が狙いでもあるようです。
環境税が集まれば、環境を守る為に利用されるそうです。
民主党は、この環境税を導入する事で現在の軽油引取税に掛かっている暫定税率を廃止する考えであり、この軽油引取税は地球温暖化の為の税金として考えているそうですよ。
その為、軽四に乗っている方であれば4倍の増税となる恐れもあるそうです。
日本は、税金の税収が低くこのような対策が検討されているのだと思いますが・・・なんだか腑に落ちないですね。

2010/7/12 月曜日: 12:24:09: ディーゼル余談

こんにちは。
梅雨の真っ最中となり、毎日ジメジメとしますね。
もうすぐ夏休みに入りますね。
夏休みが近付けば梅雨明けとなり、ギラギラと眩しい太陽が眩しい日がやってきますね。
夏バテしないように、体力が付く食べ物を食べてこれからの夏を乗り気ましょう!

ところで、軽油税について調べていたんですが今日は少し一休みして軽油税では無い少し変わった税金についてお話ししましょう。
犬税というのを御存じですか?
この犬税というのが、その名前の通り犬に税金が課せられるというものです。
スイスや、ドイツ、オランダそしてイタリアにこの犬税があるんですよ。
この犬税で納められていた税金は、公園などの清掃代として利用されるそうです。
綺麗な公園は、気持ちが良いですしそれに税金が使われているのであれば納得ですよね。
この犬税は、日本でも存在した事があるみたいです。
それは、昭和57年まで存在していたそうですよ。つい最近ですよね。驚きです!

この犬税は、どれくらい税金を納めなくてはならないかと言いますと一頭あたり300円を年間に納めなければならなかったそうです。
またその他にも、うさぎにかける”うさぎ税”などもあったそうですよ。
うさぎが大量に輸入されていた時代に、うさぎ1羽につき月1円の税金がかかったそうですよ。

いろいろな物に税金がかかっていたんですね。
その税金が何に使われているのか?明確であれば納税している私達も気持ち良く税金を納める事が出来きますよね。

2010/6/17 木曜日: 11:06:45: ディーゼル余談, 軽油引取税

こんにちは。
いよいよ梅雨入りしましたね。
昨日は、梅雨らしいお天気でしたが今日は梅雨の中休み。
各地で、気持ちが良い青空なのではないでしょうか?
この時期は、体調を崩しやすいですし食中毒にも一番注意をしなくてはならない季節です。
十分に気をつけて下さいね。

ところで、ガソリンスタンドの表示金額ってどうしてあんなに違うものなのでしょうか?先日、少し遠くにドライブへ行ったのですがガソリンが少なくなったのでガソリンスタンドでガソリンを入れようと思ったのですが最初に見た金額がレギュラーガソリンが130円でした。
次のガソリンスタンドに行くと、133円。
さっきの所で入れておけば良かったな~と思い、次の所で入れようと思ったんですが次のガソリンスタンドは135円。
結局は、この高いガソリンスタンドで入れる事になってしまったのですが・・・。
このようなバラつきがあるのはどうしてなんでしょうかね?

これは、どうもガソリンスタンドの競争が激しい為に起こるみたいです。
昔、安いガソリンだと水が入っている・・・などの噂も飛びましたがこれは全くのデマなので信じないで下さいね。

ガソリンスタンドでは、軽油を購入した方から税金を一緒に徴収してその集めた税金をその都道府県へ納めています。
この軽油引取税は、軽油を買った人に対して課税される税金の事でしたよね。
そう考えると、自分の地域で購入して税金を収めた方が良いのかな?
税務調査に詳しい友人に、詳しく教えてもらうと思っています。

2010/4/20 火曜日: 10:53:52: ディーゼル余談

こんにちは。すっかり春となりましたね。

我が家では、車をそろそろ買い替えようかと計画をしています。
今、CMやニュースでもエコカー減税が注目されていますよね。
新車を購入する際に、安く車を購入出来るというエコカー減税の期間中に車を買おうと思い先日車のショールームへ行って来ました。
今回は、軽油税から少し離れてエコカー減税について触れてみましょう。

現在、エコカー減税とエコカー補助金がスタートしました。
ある条件をクリアーすれば、このエコカー減税と補助金が受けられお手軽に車を購入する事が出来るのです。

<エコカー減税>
◆適用期間◆
取得税:平成21年4月1日~平成24年3月31日までに登録
重量税:平成21年4月1日~平成24年4月30日まで

適用車種となるのが、ハイブリット車や低燃費、低公害車です。
取得税や重量税が免税となったり、75%や50%免税となります。

<エコカー補助金>
◆適用期間◆
平成21年4月10~平成22年9月30日まで

適用条件は、新車購入時です。
最初の登録から13年を超えた車の廃車とエコカーの新車購入をされた方には補助制度が受けられます。

・13年を超えた廃車と新車を購入する場合・・・25万円(軽四12万5千円)
・新車を購入する場合            ・・・10万円(軽四5万円)

このエコカー補助金は、国の予算が無くなれば終了となるそうです。
新車を買うなら今がチャンスですよね。
このような制度をうまく利用したい所です。

2010/3/18 木曜日: 10:46:23: ディーゼル余談, 軽油引取税

こんにちは。
3月に入り、卒業シーズンですね。
今日、私の周りでも卒業式だという方が多いです。
新たな旅立ちを応援したい所ですね。

ところで、またガソリンの値段が上がりましたよね。
これで2週連続の値上げです。
原油価格が上昇したのが原因で、原油調達コストが上昇した事でガソリンスタンドなどがその金額の値上がりをしたようです。
未だにセルフのガソリンスタンドで、軽四だから軽油を入れた・・・など給油を間違える方が多いみたいです。気を付けてくださいね。

会社でトラックや軽油が燃料として使う車両を使っている方、領収証をじっくりと見た事がありますか?
その領収書を見ると分かるかと思いますが、二つに分かれていませんか?”軽油本体”と”「軽油税等”の二つです。
この軽油税等には、実は消費税はかかっていないんですよ。
知っていましたか?
この消費税がかかるのが、軽油本体のみ。
軽油を入れた時に分けて処理をしなくてはいけませんよね。

ガソリンには、レギュラーガソリンとハイオクがあります。
このガソリンにも、ガソリン税と分かれているかと思います。
このガソリン税にかかっているのが、消費税!消費税がかかっているんです。
領収書をじっくりと見て見ると分かるかと思いますよ。
経理処理をする時に、気をつけなくてはいけないかと思いますので注意して下さいね。
私の姉も経理の仕事をしているのですが、いつもややこしくてとても苦労すると言っていました。
長年経理の仕事をしていても、ミスがあるみたいなのでみなさんも経理の処理の時に注意をして下さいね。

2009/12/11 金曜日: 11:59:50: ディーゼル余談, 軽油引取税

12月に入りましたね。今年も残すところわずかとなりました。
風邪など引いていませんか?まだまだ、新型インフルエンザが流行っているようです。
人混みは避け、疲れた時には休養をとってくださいね。

現在は、高速道路の1000円政策で、土日祝祭日の高速は大渋滞となっている様子がよくニュースで流れています。
そのため、1台あたりの走行距離も伸びたようですが環境には良いとは言えませんよね。
そして、営業・業務用として利用されているバスやトラックは、安くならないばかりでなく走行時間が増えそして効率が悪化したみたいですよ。
そのため、コストUPになり・・・この事は明らからに不公平だといえるでしょう。
どうすればよいのでしょう?

今までのガソリン税の目的は、道路を作るための目的税だったと言えるのではないでしょうか。
正確には、道路利用税だと言ってもいいかもしれませんね。
しかし、同じように電気自動車は他の車と同じように道路を走っているのにこの道路利用税を払わなくても良いんですよ。
これって、おかしいと思いませんか?
もう一度いいますが、
ガソリン税は、道路を作るための目的税やその道路を利用するための道路利用税なのに、同じように走行をする電気自動車は払わないんですよ。
道路利用税なら、同じようにガソリン車も電気自動車も関係無く同じ道路を利用するのだから、重量と絶対走行距離で課税される事が必要だと思いませんか!?

そして、ガソリン税にも5%の消費税がかかっているのって・・・。
この事を踏まえて、軽油取引税(税抜き単価に5%を課税する)のような徴税システムに変更すれば良いのでは?という意見もあるみたいですが・・・。

国のいろいろな税金問題、こう挙げると問題は山積みです。
よりよい国にしてもらう為に、きちんと話し合いをし国民にとって住みよい国にしてほしいものです。

2009/9/28 月曜日: 8:21:08: ディーゼル余談, 暫定税率, 軽油引取税

早いものでもうすぐ9月も終わろうとしています。
最近、また気になることがあります。
それはガソリンや軽油などの値段がアップしていること。
1リットル当たり128.8円だったものが、前の週よりも2.3円上昇、4週連続の値上がりで、2円を超える上昇となっているのです。
もちろん軽油も同じです。
1.6円アップの106.4円となっています。

昨年の夏ごろに比べるとまだ安い方ではありますが・・・
それでもこのままガソリンや軽油税の料金が増えていくと考えると、また昨年の夏が再来するかのようで不安になります。

8月末に衆議院議員の総選挙が行われ見事自民党から民主党へと政権交代を果たすことに成功しただけに、ガソリン税や軽油税に関しては本当に注目していきたいです。
というのも民主党のマニフェストにガソリン税と軽油税を一本化し「地球温暖化対策税(仮)」の導入が記されていました。
将来的にはこの税率を引き上げて、企業に負担を強いる環境税へとつながる可能性を秘めているそうです。
選挙の時の公約では2010年にガソリン税や軽油税といった自動車関係の税金を本来の税率に上乗せされている暫定税率を廃止すること。
そして、ガソリン税と軽油税を一本化して、地球温暖化対策へ導入することとなっていることから、目標達成への足場固めといったところでしょうか?
すんなりと、ことが運ぶとは誰も思っていないですが、マニフェスト通りに2010年までに形として現れるのでしょうか?

2009/6/22 月曜日: 8:50:34: ディーゼル余談, 軽油

6月ももうすぐ終わりですね!
梅雨入りしたとはいえ何だか毎日のように天気がよく・・・本当に梅雨?と思う日も何日もあります。
年々雨が少なくなってきているためか地球の温暖化が進んでいるように思うのは、自分だけでしょうか?
冬だって雪がすくなくなり雪が降らないまま年を空けることも珍しくなくなってきましたよね?!
そんな地球と全く関係がない!なんて言えない軽油税についてお話しているのですが・・・・

今回は軽油税にまつわる昔話をしたいと思います。
といっても何十年も昔のお話では無いのですが・・・
2008年の軽油税と言えば、暫定税率がどうのこうので軽油税やガソリン税にも影響がでるのでは?!なんて話されていたと思います。
揮発油税が2008年の3月末で以前の税率に戻るなんて話が出ていて、そうしたらガソリンの税率も元に戻るのでは?!なんて話されていましたよね?!
ガソリンが元の税率に戻るのならば軽油の税率だってもとに戻るのではないだろうか?!
なんてよく言われていたものです。
軽油も揮発油税の対象になるのではないか?!軽油税の比率が変わるのでは?!

なんていろいろ心配したものですよね?!
しかし、軽油というのは地方税法上の軽油の規格では軽油の比重が温度15度では、0.8017を超え0.8762までという決まりがあり、揮発油税の対象となる揮発油とは、「温度15度において0.8017をこえない比重を有する炭化水素油」であるとい多様に決まりがあるために、揮発油税はガソリンに掛かっているために軽油や軽油税にはかかっていないということになるのです。

2009/4/13 月曜日: 9:35:30: ディーゼル余談, 軽油

軽油税についてお話しているのですが、最近ふっと思ったことがあります。
それは、昨年夏ごろのガソリン高騰は今はなんだったのか?!ということです。
本当に一時期180円台にまでなって、そのうち1リットルあたり200円になるんじゃないか?!なんて心配しましたよね?!
なので、1円でも安いガソリンスタンドを探したり高速道路のガソリンスタンドへ行きガソリンを入れた人もいるのではないでしょうか!

でも、年が変わり今では昨年夏に比べると50円近くも値段が違ってきています。
100円を切る勢いでガソリンが安くなってきていますよね!!
もちろん軽油もそうですし、その軽油にかかってくる軽油税も安くなってきています。
そう考えると本当に昨年の夏はどうしたもんだろうか?!
今年の夏もガソリンや軽油が高騰してしまうんじゃないだろうか?!って心配になります。

今年は、ETCの助成金が出たりETCをつけている車は土日のみ高速道路(一部除く)が一律1000円になったりしていますからね!
この景気回復の対策をしているときに、昨年と同様にガソリンが高騰してしまうと景気回復どころが外出する人が少なくなってしまいますよね!!
それに、車だけじゃないですよね!
燃料サーチャージといって飛行機に乗る時に燃料のお金がかかりその金額が昨年夏では1人あたりハワイに行くとしたら約2万円を負担していましたが、4月からは1人あたり2千円という金額になったようです。
そう考えると、昨年の夏は異状現象と言ってもいいのではないでしょうか!

2009/3/26 木曜日: 8:45:29: ディーゼル余談, 軽油引取税

毎回のようにしつこくお話している軽油税についてですが、また今回も懲りずに軽油税についてお話したいと思います。
今回は先日スタンドでのある出来事をお話したいと思います。

私が車のガソリンを入れにセルフスタンドに立ち寄ったときのお話です。
ちょうど隣にも若いカップルがガソリンを入れに来ていて、「ガソリン税に消費税がかかっているのはなんで?」なんて話していたんです。
人の会話を盗み聞くつもりはなかったのですが、このような軽油税に関するブログを書いているだけに、ガソリン税や軽油税という言葉には人一倍敏感になっているようで・・・
でもしばらくこの会話を聞いてみようと、ひそかに聞き耳を立てていたら、さらに「軽油税には消費税がかからないのはなんで?」なんて案外的を得たような会話をしているんだなあ~と変な所に納得してしまいました。
確かに、軽油の場合は(軽油原価×消費税率)+軽油税という仕組みになっていて、ガソリンの場合は(ガソリン原価+ガソリン税)×消費税率という仕組みになっています。

ここで何が言いたいのかというと、ガソリンの場合はガソリン税にも消費税がかかっているということです。
税金に税金?!って感じですよね・・・。
ガソリンと軽油の違いはガソリン税の納税義務のある人はメーカーの人でありガソリン税は製造時のコストとして原価に組み込まれるもので、たとえるならお酒やたばこにかかる税金と同じように二重課税という形になっています。

その点、軽油の場合納税義務のある人は消費者である私たちになるわけです。
軽油は販売されたときに軽油税として税金が加算されるために軽油税自体に消費税を加算することはないのです。
というか出来ないっと言った方が正しいのですが・・・。
なんて私が頭の中で若いカップルの会話を横取りしてしまい・・・
気づけば若いカップルはいなくなっていました。

Next Page »