2009/11/26 木曜日: 9:11:57: ディーゼル軽油

早いもので11月も終わりを迎えようとしています。
今まで軽油税についてお話してきましたが、年末近くなっても経由に関するいろんな情報が錯綜していますよね?!
軽油税以外では新型インフルエンザ。
私の住んでいる地域ではまだまだインフルエンザが猛威を振るっている最中で、休園や休校措置をとる学校が多いようです。

さて、話を軽油税に戻すことにします。
年末近くなってきているにも関わらず、軽油に関する問題である暫定税率の問題がまだまだ流動的ですよね!
なので、軽油税に関して今の段階であれこれお話しすること自体無駄ではないにしても難しいというのが現状です。
唯一言えることとしては、年末年始、期末までドタバタして軽油税に関して悪い影響が出ないようにと祈ることぐらいだと思います。

暫定税率というのは、国税である揮発油税より軽油税の減収によって都道府県の予算に与える影響がとても多いという説もあるだけに、軽油税や暫定税率といった問題だけではなく、地方環境税の創設に関する論議まで出てきそうな予感がします。
最近では、エコや環境などという言葉がブームのようになっていますが、環境という点では国民の支持を得ることが出来やすく、地方の環境を考える税金ということであれば創設の可能性も十分にありますよね?!
でも、その分税率の設定などが複雑化しそうな予感もありますが・・・・・

まぁ今、言えることは年末や年始にかけて軽油税に関することでドタバタしたくないというところでしょうか?!

2009/10/27 火曜日: 9:10:37: ディーゼル暫定税率, 軽油引取税, 軽油

2009年9月16日に鳩山政権が誕生して早1ヶ月。
まだ1ヶ月という声もあると思いますが、選挙前の公約どうりダム問題などに着々と取り組んでいますよね!
そういうことを考えると、「ガソリン税暫定税率撤廃」や「高速道路の無料化」や「温室効果ガス1990年比25%削減」という公約も着々と進められるのではないでしょうか?

しかし、これら「ガソリン税暫定税率撤廃」や「高速道路の無料化」などが進められると困る人も中にはいると思うのです。
だからこそまだ何も決まっていないからそこいろんな考えをする必要があるのではないでしょうか?

最も気になるのはガソリン税と軽油取引税(軽油税)の暫定税率の廃止。
(まぁ軽油税についていろいろと調べているので、仕方がないと思いますが・・・)
現在のガソリン税が道路特定財源となったのは1954年のことで当時の単価は13円/リットルでした。
その後、何度か値上げされたものの1964年に地方揮発油税と合わせて28.7円/リットルに変更になり、そして1974年に道路整備ということで、暫定値上げが実施されその後も2回暫定値上げがくりかえされて現在の53.8円となった。
結局は、道路建設会社と道路族議員の「利権」になったということは言うまでもない。

そして、この暫定税率の上乗せ分である25.1円が2008年3月末に終了することになっていたのですが、これに目を付けた民主党。
急きょ「ガソリン値下げ隊」なるものを結成し、マスコミや衆参の与野党勢力が逆転などという影響もあってか、2008年3月に一端廃止されるものの2008年5月に復活するというドタバタな現場が続いた。
そのために、SS業界は高値在庫の安値販売や4月末の在庫切れなどの大損害を受けたことは言うまでもない。

2009/9/28 月曜日: 8:21:08: ディーゼル余談, 暫定税率, 軽油引取税

早いものでもうすぐ9月も終わろうとしています。
最近、また気になることがあります。
それはガソリンや軽油などの値段がアップしていること。
1リットル当たり128.8円だったものが、前の週よりも2.3円上昇、4週連続の値上がりで、2円を超える上昇となっているのです。
もちろん軽油も同じです。
1.6円アップの106.4円となっています。

昨年の夏ごろに比べるとまだ安い方ではありますが・・・
それでもこのままガソリンや軽油税の料金が増えていくと考えると、また昨年の夏が再来するかのようで不安になります。

8月末に衆議院議員の総選挙が行われ見事自民党から民主党へと政権交代を果たすことに成功しただけに、ガソリン税や軽油税に関しては本当に注目していきたいです。
というのも民主党のマニフェストにガソリン税と軽油税を一本化し「地球温暖化対策税(仮)」の導入が記されていました。
将来的にはこの税率を引き上げて、企業に負担を強いる環境税へとつながる可能性を秘めているそうです。
選挙の時の公約では2010年にガソリン税や軽油税といった自動車関係の税金を本来の税率に上乗せされている暫定税率を廃止すること。
そして、ガソリン税と軽油税を一本化して、地球温暖化対策へ導入することとなっていることから、目標達成への足場固めといったところでしょうか?
すんなりと、ことが運ぶとは誰も思っていないですが、マニフェスト通りに2010年までに形として現れるのでしょうか?

2009/8/26 水曜日: 7:58:33: ディーゼル道路特定財源, 不正軽油, 軽油引取税

軽油税についてお話しています。
今月30日に衆議院選の投票が行われるために、各党からの代表者があちらこちらで手を振ったり演説カーを走らせたりしていますね!
中にはエコを意識してか自転車で走る人も出てきていますが・・・・

まぁ自民党から民主党へと政権が変わってしまうのかが今回の選挙のポイントだと思います。
そんな選挙と軽油税が何か関係でもあるのか?
という話になると思いますが、それがあるのです。
「ガソリン税の税率維持を環境省が要望した」というニュースが流れていましたよね!

2009年から道路特定財源とされていたガソリン税などが一般財源化しガソリンが1リットル当たり15円から32.1円へ変化したことは記憶に新しいと思います。
環境省といては、このまま税率を維持しておけば消費を抑えることができ、二酸化炭素の排出を押さえることができるとしていますが・・・

しかし、本当のところはどうでしょう?!
土日祝日には高速道路が一律1000円となり、みんながみんなETCをつけ特に訳もなくひたすら車を走らせているではありませんか?!
おかげで大型トラック関係のお仕事についている人にとっては道路が混んで迷惑していることでしょう。
エコという観点から見てもいくら、ガソリン車ではなくハイブリッドなどとエコな車を作り走らせていても、高速道路が元の値段へとならない限り、地球温暖化の問題も解決をしないのではないでしょうか?

また、軽油取引税なども一般財源化されたのであれば消費税問題に充てることや少子化問題に充てるなど、本当に必要としているところへ割り当てていただきたいものですよね!

2009/7/27 月曜日: 7:56:14: ディーゼル道路特定財源, 軽油引取税, 軽油

昨日、ETCが届いたので早速車に搭載したんです。
7月ももうすぐ終わりですし、8月に入ればすぐにお盆休みがありますからね!!
それに今年は9月にも連休があるじゃないですか!!

なので、4・5日前に注文したETC。
店頭で注文すると8月後半といっていたので、インターネットで注文したらすぐに届きましたよ!!
これでお盆までにしなければいけないことはすべて完了。
あとは週末の高速料金が1000円になったことを見計らって旅行に出かけるのみです。

まぁ今年のゴールデンウィークもそうでしたけど、今までドライブしなかったような家族までもがETCをつけて旅行する!なんてことになってしまい、結局はETCの方が渋滞していたようにも思うのですが・・・・しかし、この1000円で高速道路は本当にちゃんと維持していけるんでしょうかね?!
消費者や観光地の人にしてみたら安いにこしたことはないのでしょうけれど・・・
でも、車で旅行をするということは自動車の稼働率が多くなり二酸化炭素が増え温暖化の問題などもこれからもっと深刻化するんじゃないでしょうか?それに、もともと高速道路は将来的に利用料金が0になるという触れ込みで作られていたものなのに、1000円だから安くていい!なんていうのもどうかと思うんですけど・・・・
0と1000円じゃ1000円の方が高いに決まってますからね!

それに、軽油税といった道路特定財源は道路などを目的として軽油税に課せられているために、高速道路料金と利用料金の両方で消費者である私たちに負担をかけてきているために、この現状が0になったわけではないので、完全によくなったとは言い切れないと思います。
道路特定財源が必要ないからといって他の一般財源と一緒にしてしまうなんて話がありますが、それとこれとは話が別だと思うんです。
道路特定財源が必要ないなら税金を無くし、その分を一般財源の方へ充てるようにする目的の税金を課す方が国民は納得することができるのではないでしょうか?

2009/6/22 月曜日: 8:50:34: ディーゼル余談, 軽油

6月ももうすぐ終わりですね!
梅雨入りしたとはいえ何だか毎日のように天気がよく・・・本当に梅雨?と思う日も何日もあります。
年々雨が少なくなってきているためか地球の温暖化が進んでいるように思うのは、自分だけでしょうか?
冬だって雪がすくなくなり雪が降らないまま年を空けることも珍しくなくなってきましたよね?!
そんな地球と全く関係がない!なんて言えない軽油税についてお話しているのですが・・・・

今回は軽油税にまつわる昔話をしたいと思います。
といっても何十年も昔のお話では無いのですが・・・
2008年の軽油税と言えば、暫定税率がどうのこうので軽油税やガソリン税にも影響がでるのでは?!なんて話されていたと思います。
揮発油税が2008年の3月末で以前の税率に戻るなんて話が出ていて、そうしたらガソリンの税率も元に戻るのでは?!なんて話されていましたよね?!
ガソリンが元の税率に戻るのならば軽油の税率だってもとに戻るのではないだろうか?!
なんてよく言われていたものです。
軽油も揮発油税の対象になるのではないか?!軽油税の比率が変わるのでは?!

なんていろいろ心配したものですよね?!
しかし、軽油というのは地方税法上の軽油の規格では軽油の比重が温度15度では、0.8017を超え0.8762までという決まりがあり、揮発油税の対象となる揮発油とは、「温度15度において0.8017をこえない比重を有する炭化水素油」であるとい多様に決まりがあるために、揮発油税はガソリンに掛かっているために軽油や軽油税にはかかっていないということになるのです。

2009/5/26 火曜日: 9:43:16: ディーゼル暫定税率, 軽油引取税

軽油税についてお話しているのですが・・・・
今回は軽油税に直接関係あるのかどうかは分かりませんが、ちょっと気になるお話をしたいと思います。
その気になるというのが道路特定財源について・・・・。

ガソリン税の暫定税率失効したことをいいことに、道路の無駄が相次いで発覚したことをおぼえているでしょうか?
山奥に舗装されたきれいな道路ができていたり、本当に必要なところは未だに舗装されていなかったり、同じ道路を何度も毎年のように工事したりしていましたよね!そんなことから政府は道路特定財源を一般財源化したのですが・・・・
肝心なのは、この道路特定財源の出所。
どこだかわかりますか?
それは車にはガソリンや軽油が必要ですよね?!そこから自動車重量税や軽油税やガソリン税として徴収されたものがこの道路特定財源なのです。

この道路特定財源が一般財源化したことで道路の無駄がなくなると思いますか?
無駄をなくすためのガソリン税や軽油税の一般財源化なのですが、だったらもうガソリンや軽油から税金を徴収しなくてもいいんじゃないだろうか?って話になりますよね?
しかし、一部ではガソリン税や軽油税などを地球温暖化に直結した環境税としての導入を考える案も出ているそうです。
最近では車でも家電でも何でもエコブームなのですが、政治にもエコのブームが到来したということなのでしょうか?!

2009/4/13 月曜日: 9:35:30: ディーゼル余談, 軽油

軽油税についてお話しているのですが、最近ふっと思ったことがあります。
それは、昨年夏ごろのガソリン高騰は今はなんだったのか?!ということです。
本当に一時期180円台にまでなって、そのうち1リットルあたり200円になるんじゃないか?!なんて心配しましたよね?!
なので、1円でも安いガソリンスタンドを探したり高速道路のガソリンスタンドへ行きガソリンを入れた人もいるのではないでしょうか!

でも、年が変わり今では昨年夏に比べると50円近くも値段が違ってきています。
100円を切る勢いでガソリンが安くなってきていますよね!!
もちろん軽油もそうですし、その軽油にかかってくる軽油税も安くなってきています。
そう考えると本当に昨年の夏はどうしたもんだろうか?!
今年の夏もガソリンや軽油が高騰してしまうんじゃないだろうか?!って心配になります。

今年は、ETCの助成金が出たりETCをつけている車は土日のみ高速道路(一部除く)が一律1000円になったりしていますからね!
この景気回復の対策をしているときに、昨年と同様にガソリンが高騰してしまうと景気回復どころが外出する人が少なくなってしまいますよね!!
それに、車だけじゃないですよね!
燃料サーチャージといって飛行機に乗る時に燃料のお金がかかりその金額が昨年夏では1人あたりハワイに行くとしたら約2万円を負担していましたが、4月からは1人あたり2千円という金額になったようです。
そう考えると、昨年の夏は異状現象と言ってもいいのではないでしょうか!

2009/3/26 木曜日: 8:45:29: ディーゼル余談, 軽油引取税

毎回のようにしつこくお話している軽油税についてですが、また今回も懲りずに軽油税についてお話したいと思います。
今回は先日スタンドでのある出来事をお話したいと思います。

私が車のガソリンを入れにセルフスタンドに立ち寄ったときのお話です。
ちょうど隣にも若いカップルがガソリンを入れに来ていて、「ガソリン税に消費税がかかっているのはなんで?」なんて話していたんです。
人の会話を盗み聞くつもりはなかったのですが、このような軽油税に関するブログを書いているだけに、ガソリン税や軽油税という言葉には人一倍敏感になっているようで・・・
でもしばらくこの会話を聞いてみようと、ひそかに聞き耳を立てていたら、さらに「軽油税には消費税がかからないのはなんで?」なんて案外的を得たような会話をしているんだなあ~と変な所に納得してしまいました。
確かに、軽油の場合は(軽油原価×消費税率)+軽油税という仕組みになっていて、ガソリンの場合は(ガソリン原価+ガソリン税)×消費税率という仕組みになっています。

ここで何が言いたいのかというと、ガソリンの場合はガソリン税にも消費税がかかっているということです。
税金に税金?!って感じですよね・・・。
ガソリンと軽油の違いはガソリン税の納税義務のある人はメーカーの人でありガソリン税は製造時のコストとして原価に組み込まれるもので、たとえるならお酒やたばこにかかる税金と同じように二重課税という形になっています。

その点、軽油の場合納税義務のある人は消費者である私たちになるわけです。
軽油は販売されたときに軽油税として税金が加算されるために軽油税自体に消費税を加算することはないのです。
というか出来ないっと言った方が正しいのですが・・・。
なんて私が頭の中で若いカップルの会話を横取りしてしまい・・・
気づけば若いカップルはいなくなっていました。

2009/2/23 月曜日: 9:00:21: ディーゼル不正軽油, 軽油引取税

軽油税について調べています。

そんな私が知人から軽油税に関する話を先日聞いたのでご紹介したいと思います。
何やら大手建築会社ではあたりまえのように行われているらしいのですが・・・・
これって軽油税の脱税じゃないの?!
って私は思ってしまったのですが・・・

その内容というのが、今は世界的に景気が後退しているということもあり、それを懸念して経費削減の対策のために大手の建築関係会社のほとんどが実行しているお話なのですが・・・
軽油税の価格も昨年ほど高くもないのに・・・しかも軽油税などか高くなる前から行われていたこと。
そう、軽油を28円も安くすること。

灯油にディーゼルバンを混ぜることで軽油として活用することで軽油として使うことが出来るのですが、始動性やパワーなどに不満がある場合はセタンブースターを加えることで、さらに軽油の効力に近づけることがでいるということ。
大手企業もただ自分の会社が儲かれば・・経費が浮けばなんて考えでやってはいないことだろうとおもうのですが///
そもそも、現在は燃料の価格は金融危機によって世界的な景気の後退の不安が背景にあるということから、燃料費が下がっただけでは不景気で仕事が減るという別の問題が生じるだけに、やはり経費の節約をするためにこのような手法を取ってしまうのだと思います。
たとえ、軽油価格は下がっても、灯油との価格差は32.1円のまま・・・
この差額を埋めないことには軽油税を支払わず不正軽油を活用する大手建設業者がふえるのだと思います。

まぁこのような軽油税を支払わない大手企業があるから軽油と灯油の差額が埋まらないという現状もあるのだとは思うのですがね・・・。

« Previous PageNext Page »